紙ジャケのアルバム

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年2月28日

紙ジャケのアルバム

第1章 プロローグ

2月28日午前5時。
薄暗いひとりぼっちの部屋。窓越しに西の空をぼおっと眺める。不言色(いわぬいろ)のレースを纏った満月が静かに落下する。
紙ジャケのアルバムをそっと手に取る。君から借りた、君の大好きなバンドのLP盤。

書き上げたばかりの手紙を、アルバムの中へ丁寧に仕舞う。私が書いた、私の大好きな君への手紙。

今年の夏フェス一緒に行けるといいなぁ

便箋に書いた軽めのひとこと。
君に伝えたいことがいっぱいあったはずなのに。でも、何を書いても偽りの言葉になるような気がして。きっと、何かを書かなくても伝わるような気がして。そんなことを考えていたら、本当に伝えたいことが何も書けなくなってしまいました。

もくじ (1章)

  • 第1章 プロローグ 第1章 プロローグ

    第1章 プロローグ

    2021年2月28日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

2

リアクション

6

関連作品

このページの内容について報告する