完結

レシートを食べた幸せな本

ミステリー

更新日:2021年2月20日

レシートを食べた幸せな本

第1章

 前園一馬は、ニヤニヤしながら部室で本を読んでいた。窓の外は快晴。自分が生まれた五月は、本当に読書向きの気持ちのいい季節だ。
 読んでいる本は、児童書。ハードカバーで茶色い表紙は、まるで西洋の魔法の書のようだ。

「一馬、何、にやにやしてるの?」
 頭をかき、あくびをしながら、ソファにいた指原歩が話しかけてきた。
「あゆむ、起きたんだ。今日もよく寝るね」
「いくら寝ても、眠いんだ。これ、病気かなぁ。春眠、暁を覚えず、覚えず・・・」
「確かに、春はいい季節だよね」
 本から視線を離して、窓の外を見る。差し込んでくる朝の光は強すぎず弱すぎず、心地よいぐらい温かい。
 あらためて歩を見ると、またうとうとして寝ている。
「おー…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月20日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

11分

コメント

16

リアクション

25

関連作品

このページの内容について報告する