必要なときに限って…

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年4月18日

必要なときに限って…

第1章 アレ、どこにあったっけ!?

「なんで、こんな時に限って!!」

男は、電話を探していた。

携帯があるのては?
もっともな意見だが、残念。
電池がなければただの板だ。

焦っていたのには、当然、理由がある。

やっとこさ取り付けたデートの約束。
まぁ、二人でディナーに行くだけ。
と、言えばそれまでだが、意中の女性にアタックしたことのない、それどころか、普段女性とただ喋ることすらも困難な奥手の三十路男にとっては、千載一遇の好機だ。

両親は"まだ"なにも言ってこないが、年齢的にもぼちぼち、色々、考えないといけない頃だと思う。

「あのー、この辺に電話ボックスってありませんか!?」

土地勘のあまりない出先なので、歩いている女性を捕まえて聞く。
奥手?そんな…

もくじ (2章)

  • 第1章 アレ、どこにあったっけ!? 第1章 アレ、どこにあったっけ!?

    第1章 アレ、どこにあったっけ!?

    2021年3月14日

  • 第2章 突然と不意 第2章 突然と不意

    第2章 突然と不意

    2021年4月18日

作品情報

電話ボックスをいつから使ってないだろうか?
一昔前は普通に使っていて、財布にもテレフォンカードが常備されていたものだ。
携帯の反映とともに衰退したものの、たまに目にすることがある。
にもかかわらずだ。携帯忘れや、電池切れの時に限って見つからないものなのだ。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

14分

コメント

0

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する