完結

花幻

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年2月23日

花幻

第1章

週末になると、花を買いに来る男性。

いつも、私にオススメの花を聞いてくれて、

嬉しそうに買っていく。笑顔が仔犬みたい。

「あの人、お前のこと好きなんじゃない?」

「店長。そんなこと、、あってほしいなぁ」

淡い想いのなか、彼は二人でやって来た。

「いつも彼、デートの度に、ここのお花を
 
くれるんです。素敵なセンスですね」

近々、結婚するそうだ。笑顔が引きつる。

「店長。彼女ありでしたー。明日休みます」

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月23日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する