完結

憧飛

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年2月23日

憧飛

第1章

生まれた時から、私は見上げてばかりいる。

「花」という使命を受けたにも関わらず、

気にも止められず、贈り物にもならない。

いつも地面に根を張り、凛と胸を張るだけ。

踏まれても、猫に茶化されてもめげない。

見守ってくれる太陽のために、生きている。

いつか、貴方の近くに行きたい。

募る想いは、綿毛になって飛んでいく。

それでも届かず、また地面から見上げる。

永遠に叶わぬこの想い。

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月23日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する