完結

朝か夜か 百人一首の恋

エンタメ・カルチャー

更新日:2021年2月25日

朝か夜か 百人一首の恋

第1章

 古典、中古と呼ばれる平安時代において、朝は別れの時間だった。

 貴族の女たちは、家から出ることなく、ひたすら、男の訪れを待つ。一夫多妻制だから、いくら結婚しても、男が自分のもとを訪れるとは限らない。彼女たちにできることは、訪れがないことを恨む歌を詠むくらいで、なんとか、その琴線に触れて、男が自分のもとを訪れるように待つしかなかった。

 「蜻蛉日記」を書いた、道綱母の、百人一首にとられた歌は、
 嘆きつつ独り寝る夜の明くる間はいかに久しきものとかは知る
(あなたが来ないことを嘆いて、ひとりきりで寝ている夜が明けるまで、あなたが来るのではないかと待っている時間は、どんなに長いか、あなたはご存じではないでしょう…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月25日

作品情報

百人一首の歌を使って、朝と夜のどちらの方がよいか考える。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

12分

コメント

4

リアクション

9

関連作品

このページの内容について報告する