記憶

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年2月26日

記憶

第1章

「もう、やめてくれ。」
おれは必死に頭の中から嫌な記憶を払う。だが、どれだけ払っても次から次へと蘇ってくる。

おれは人よりも記憶がいい方だ。記憶力があるということで、得したことはあるが、損していることのほうが多い気がする。
寝る前、ベッドに入って目を閉じると嫌な記憶が鮮明に蘇ってくる。

アラームの音と同時に目を開ける。また今日も眠れなかった。欠伸をしながら重い頭を持ち上げる。眠い。

おれはもともと不眠症気味だったが、社会人になって会社に勤めだしてからもっとひどくなった。
ミスも増えて、周りにたくさん迷惑をかけてしまう。
そしておれは病院に通うことを決めた。
病院に通って睡眠薬をもらう。睡眠薬のおかげで夜、眠…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月26日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

5分

コメント

2

リアクション

17

関連作品

このページの内容について報告する