完結

わけがわからない言葉とボク

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年2月28日

わけがわからない言葉とボク

第1章

わけのわからない言葉を並べたら
詩になるのかもしれない
だから並べてみた

理不尽な世界の
青い街に佇む
リンゴのようなハートで
レーザービームのような視線に
さらされているんだ
風は吹いているよ
ロマンはセンチメンタルになびいている

どう?

詩になってる?
自分にも意味はわかないよ?
ただ並べただけだからさ

よく考えたら
わけのわからないボクの人生は
詩なのかもしれない
時に並べられたボクは
秒単位なら数えきれないし
年単位なら誕生日の数だけあるし

どう?

さっきの言葉をなぞってみようか

理不尽な世界の青い街に佇むボクのリンゴのようなハートはレーザービームのような視線にさらされているんだでも風は吹いていてロマンはセンチメンタルになびい…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月28日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

0

関連作品

このページの内容について報告する