完結

あなたとパセリ

恋愛

更新日:2021年3月7日

あなたとパセリ

第1章

「パセリ食べないの?」
私のお皿を見ながら彼はそう言った

え…
パセリって飾りじゃないの?
と言おうとしたが、彼の考えと明らかに違っていては困ると思って少し考えた

料理を華やかに魅せてくれる
彩を与えてくれる
ただ、そう思っていた

彼はお皿に残った私の分まで
パセリを食べたんだ

彼の行動に驚きつつ
ちょっと苦手で…と曖昧に答え、
その場をすり抜けようとしたのが甘かった

レストランでお皿の上に乗ったパセリは、長年にわたり味や香が研究され、さらに生産者の思いがたくさん詰まったものなんだよ。それに栄養価も高いんだよ。と彼は言う

彼の第一印象は
パセリ
そう、パセリくん

出逢ったことのないタイプだった
けど、真面目で真っ直ぐで、優し…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年3月7日

作品情報

楽曲を聴かせていただいて
自分なりに書いてみました。

青く苦くもあるパセリ
爽やかなパセリ
パセリには様々な表情があります

恋愛に結びつけて書いてみました

告白されることにより、得るもの
告白することにより、再び得られるもの

変わりゆく心情や深まる愛情に
楽曲を重ね合わせ
耳をすませていただければと思います。

よろしくお願いします。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

20

リアクション

49

関連作品

このページの内容について報告する