完結

瀬をはやみ

恋愛

更新日:2021年3月7日

瀬をはやみ

第1章

同い年の健太とは家が隣同士ということもあって、幼い頃からいつも一緒だった。

幼稚園児のころ。
健太は私に、
「ぼくたちはきょうだいだよ。いつも一緒に遊んでるから」
そう言って私の手を握り、ふたりでいつもの公園へ走った。
私も健太の手をぎゅっと握り返して、「これからも一緒に遊ぼうね」と言った。


小学3年生になった。
学校からの帰り道、健太は私に、「ぼくたちはもうきょうだいじゃない」と言ってきた。
私が「どういうこと?」と尋ねると、「お父さんとお母さんが違うからきょうだいとは言わないんだって。僕たちは友だちなんだよ」と言った。
本当のきょうだいじゃないことくらい、私もわかってたけど、改めて健太に言われるとさみしか…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年3月7日

作品情報

百人一首の「瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても末に逢はむとぞ思ふ」をモチーフにしました。
幼い頃から一緒のふたりが少しずつ恋人関係になっていく。就職により離ればなれになりますが、また必ず一緒になるという思いを持ち続け、再会します。いつも相手からの告白がきっかけで関係が進んでいきますが、最後は主人公の「私」が告白して完結します。
長い年月の2人の恋愛ストーリーをご想像いただければと思い、あえて細かい描写はなくしました。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

3分

コメント

3

リアクション

41
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する