完結

右耳

恋愛

更新日:2021年3月15日

右耳

第1章

バチンッ。
大袈裟に鳴ったその音と裏腹に、痛みは少ない。熱を持った耳、差し込まれた金属。
いつもと変わらない顔で鏡に映る自分。もっと痛みに顔が歪むと思っていた。そのせいか、少し虚しくなった。

ずっと、苦しかった。キラキラと光ってみえるランドセル、自分だけの黄色い帽子。二つを身につけて学校にいくことを何よりも楽しみにしていたのに、それが辛い。その事実が何よりも苦しくて仕方がなかった。石を投げつけられて、筆箱を隠されて。誰に言うこともできずに、ただただ俯いて道を歩いていたのを覚えている。
そんな日々から救ってくれたのが君だった。いつもの様に飛んでくる石の粒から身を守るように、ランドセルを頭の上に被せて、…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年3月15日

作品情報

空いた穴を塞ぐように生きてきた。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

8分

コメント

1

リアクション

9

関連作品

このページの内容について報告する