完結

勘が良いのも考えものだな

SF・ファンタジー

更新日:2021年3月10日

勘が良いのも考えものだな

第1章

突然だが、ボクには好きな女の子がいるんだ。

彼女は二学期に転校してきたんだ。
彼女は必要なこと以外、何も語らないんだ。

ただ、びっくりするぐらい頭が良くて、びっくりするくらい運動ができて、顔もまるでお人形さんみたいにキレイだったよ。

ボクの学校には制服はない。
彼女はいつもハイネックだ。
転校してきた頃はまだ暑い日もあったが、ずっとハイネック。
彼女は必要なこと以外、何も語らない。
だからハイネックのことはわからない。
でもね、毎日違う色違い、違う生地のハイネックは、彼女がオシャレさんだと思うに十分だったよ。

ある日の授業で、家族が何の仕事をしてるのか発表することになったんだ。
ボクの住んでる街は比較的大きい街で…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年3月10日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する