春風の想い

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年3月14日

春風の想い

第1章

寒い寒い冬の中
冷たい風にも負けず
ひたすら突き進むあなたの強さを
わたしは空からずっと見ていました

けれど 冬の冷たい空気は
あなたの体を冷やし
あなたの心を凍らせ
突き進み過ぎたあなたは
誰にも心を開かなくなった…

ようやく冬が明け 春を迎えるこの日
わたしはあなたに逢いにいきます

あなたの体を包み
冷たくなった体に
温もりを届けましょう

あなたの心を包み
凍ってしまった心に
優しい灯火をともしましょう

あなたの微笑みが戻るまで
わたしは何度でもあなたを包んであげる

そしてあなたが温もりを思い出した時
今度はあなたが誰かをあたためてください

だってあなたの真の心には
思いやりと優しさが
満ち溢れているのだから…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年3月14日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

1分

コメント

33

リアクション

41

関連作品

このページの内容について報告する