完結

生と死の口づけ

恋愛

更新日:2021年3月14日

R-15

生と死の口づけ

第1章

 大阪万博の開会式が間近に迫り、世間はお祭り騒ぎだ。恋人の麗奈に僕は今日、告白しなければならないことがある。麗奈と交際を始めてから今日でちょうど3年になる。麗奈とは職場で知り合った。同じ病院で、僕は医師、麗奈は看護師をしている。神妙な顔をする僕を麗奈は不思議そうに見つめている。長い沈黙の後、僕はようやく声を絞り出した。

「僕は昔、恋人を殺した」

 僕はどこにでもいるような普通の中学生の男の子だった。僕の育った町は決して治安のいい街ではなかった。少し裏路地に入るとアウトロー系の人間がゴロゴロいた。家が隣だった幼馴染の小夜子にありきたりな初恋をした。小夜子の宝石のような瞳を見るだけで、荒廃した灰色の街も…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年3月14日

作品情報

2025年、春。僕は恋人に告白する。
東京オリンピックの直前、僕は当時の恋人を殺した。

物語へのリアクション

お気に入り

3

読書時間

8分

コメント

35

リアクション

83

関連作品

このページの内容について報告する