完結

君はどこまでも

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年3月14日

君はどこまでも

第1章 碧々として 会お会おとしたい


君は誰の心の隙間にも吹いてゆく

とても、
   爽やかで
      穏やかだ

私たちが、君が来るのを

待っているのは

寒さの終わりと暖かさの始まりを

感じたいからなのかもね

どんな人にも吹いてゆく

  君は優しく慈悲深い

穏やかな君を  感じて  守りたい

感謝と祈りで君を  忘れない

 だから ありがとう

        ──────── 𓂃 𓈒𓏸

もくじ (1章)

  • 第1章 碧々として 会お会おとしたい 第1章 碧々として 会お会おとしたい

    第1章 碧々として 会お会おとしたい

    2021年3月14日

作品情報

ほのかな香りを感じさせてくれた、、、

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する