完結

きっと・・・

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年3月15日

きっと・・・

第1章 きっと・・・

生まれたときから
生まれる前から
命が宿った時から知っていた

隣にあながいたから

冷たい風が私達を包み込む
たくさん笑いかけてくれた君
感謝しているよ

「ありがとう」

きっといつか
君はどこかに消えて
しまう気がする

あんなに可愛がってくれた
一緒に泣いてくれた
怒ってくれた
キミにありがとう。と

伝えたい

もくじ (1章)

  • 第1章 きっと・・・ 第1章 きっと・・・

    第1章 きっと・・・

    2021年3月15日

作品情報

自分に向けて書いた詩です。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

1

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する