完結

おさがり

恋愛

更新日:2021年3月17日

おさがり

第1章

昔から、嫌だった。
いつも、おねぇちゃんのおさがりだった。



赤ちゃんの頃、ベビーカーや哺乳瓶がおさがりでも、別に構わなかった。
幼稚園に入った頃には、なんでピンクの服しかないんだろうって思った。
私は水色がよかったのに。
自転車もおさがりだ。もちろんピンク。しかも傷だらけだった。
リカちゃんを最初に買ってもらったのはおねぇちゃんだったから、わたしはそのお友達を買ってもらった。
私もリカちゃんがいいって泣いたのを覚えてる。でも、リカちゃんは双子じゃないって、訳の分からない、でも、妙に納得できる説得に従った。でも本当はリカちゃんよりもスケートボードが欲しかったんだ。

中学に入るとさすがにおさがりは減ってきた。

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年3月17日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

9
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する