完結

恵みの雨

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年3月19日

恵みの雨

第1章 恵みの雨

日常を描き出す
水墨の日々

人生そのものが

追憶に過ぎない

今、何を思い描くだろう

黒い雨が降り出した
音もなく

かすかに聞こえる
子供の声
食器洗いの雨水が

こぼれ落ちた

君は言う
振り向きざまに

サヨナラと

その一言が
帰らぬ

帰らぬ日を

宿命だとー
降らして下さい
これが最後の
お願いです。
どうかー
どうかー
恵みの雨
もう一度

運命にかわる日まで。

もくじ (1章)

  • 第1章 恵みの雨 第1章 恵みの雨

    第1章 恵みの雨

    2021年3月19日

作品情報

中学時代に書いた作品です。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する