春疾風

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年3月21日

春疾風

第1章

桜の花が
空に舞うこの頃
僕は風と会話する
あの人の住む街を駆けてきたのか
問いかける

いま、どこで何をしているだろう
笑顔も手のひらの温もりも
あの頃と変わらないことを思って

あの時
全てを奪ってしまったというのなら
償いと言う名の 今を送ろう
僕はまた ゼロから始めるよ
君の 明日への一歩は
未来へと続く

桜の花が
空に舞うこの頃
僕は風と会話する
不器用な生き方は変わらないよと
語りかけて

いま、どこで何をしているだろう
溢した涙も 失くした希望も
あの頃に忘れてきたのだと教えて

あの時 君が
全てを失ってしまったというのなら
過ぎ去った日々を 全部あつめて
僕はまた ゼロから始めるよ
君の 明日への一歩は
未来へと続く

桜の花と共に
一人、…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年3月21日

作品情報

春疾風 *はるはやて

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

2

リアクション

15

関連作品

このページの内容について報告する