完結

桜前線〜一粒の涙〜

青春・学園

更新日:2021年3月23日

桜前線〜一粒の涙〜

第1章 桜前線〜一粒の涙〜

高校卒業してから、もう3年になる。
毎日通い慣れた道に植えられていたサクラは、今はもうない。
高校卒業と同時に、私はあの住み慣れた街
から引っ越した。
あれから私は、成人になり少しずつ大人の
階段を登っている。
東京の空は相変わらず濁ったような空で、
キレイな星空を見たのは、いつ頃だった
だろう。

今でも思い出す。北海道の星空はキラキラ
輝いていて、冬になれば、幻想的な木の
クリスマスツリーに囲まれながら、毎年
クシスマスをしていたことを・・・。

淡い記憶の中の渦が、現在(いま)の私を
苦しめることになるとは思いもよらなかった。私が先生と初めて会ったのは、入学して
次の日だった。まだ、入学したての私には何もかも新鮮で、…

もくじ (1章)

  • 第1章 桜前線〜一粒の涙〜 第1章 桜前線〜一粒の涙〜

    第1章 桜前線〜一粒の涙〜

    2021年3月23日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

0

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する