完結

失恋の経験

恋愛

更新日:2021年3月23日

失恋の経験

第1章

 
 学校からの帰り道、彼女と二人で駅まで向かう。
 彼女とは一カ月前にサークルで知り合って、それ以来密かに想いを寄せていた。
 こういう言い方をするとナルシストとか思われそうだけど、彼女も僕に気がありそうだった。いや、脈ありだってわかるサインとかあるじゃん?そういう感じだ。

「それで元カレがさー、もうちょっと気遣ってくれてもいいじゃんって思ってさ」
 彼女が僕に元カレの愚痴を言うのは今日に始まったことじゃない。元カレの話に限らず、彼女が何かを話しているとき、僕は聴く側に徹する。
 中学時代に付き合っていた人には、僕は僕の話ばかりしていて彼女の話をまったく聞いていなかった。付き合っていた時に、
「あなたは根はいい人…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年3月23日

作品情報

何か失敗をしたら、そこから何かを得ればいい。そうすれば失敗は単なる失敗じゃなくなると思います。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

2

リアクション

6

関連作品

このページの内容について報告する