完結

君の瞳に恋してる。

更新日:2018年2月13日

R-15

君の瞳に恋してる。

第1章

僕が彼女と出会ったのは、大学のサークルだった。
ふわふわとした栗色の長い髪。
小さな花が咲き誇るピンク色のワンピース。
舌っ足らずで、甘えん坊な喋り方。
どれもこれもが可愛くて、僕が彼女に恋するのはそう遠くなかった。
告白すれば、彼女はポロポロと涙を溢しながら喜んだ。
そして、僕らは晴れて恋人同士になったのだ。

彼女は僕に会うたびに愛おしげに、慈しむように。恋するような目をしている。
そんな眼差しを僕にじっと向け、彼女は言うのだ。
「好き」「愛してる」
そんな風に思いを口にしてくれる彼女が好きだった。


「ちょっと、お茶を用意してくるね」

そう言って彼女はキッチンに向かって行く。今日は彼女の家に来ていた。付き合って初…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年2月13日

作品情報

私はずっとあなたの『瞳』に恋をしている。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

5分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する