完結

独り歩き

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年3月24日

独り歩き

第1章 独り歩き

今、君は自由だ。
鳥になり 空に舞い上がる
炎天に映る
目が偽りに 変わっていく


自分の影を
ー歩きながら

どこにたどりつくのだろうか
慣用句を 並べながら
海岸をあるく。

コンクリートに顔をあて
歪んでいく目

その視線が誰なのか
私には知らない。

その答えをー
見つけるために・・・。

もう
素麺のように細い
でも、すぐに切れてしまう
跡形もなく

光にあびると鏡のよう

もくじ (1章)

  • 第1章 独り歩き 第1章 独り歩き

    第1章 独り歩き

    2021年3月24日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する