完結

贈り物

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年3月27日

贈り物

第1章 贈り物

あした、贈るね。
あなたに
その一言から 来る日も待った
今日、明日、明後日と
でも、来なかった
電話をしても
彼女からの着信はなかった
彼女は今、何をしているのだろう
彼女が心配でたまらない
約束を 忘れているのだろうか
彼女にとって そんなはずわない
嘘をつくはずがない
あれから10年の月日が過ぎた

今日、プレゼントが贈られて来た

それは彼女からだった

手紙には「ありがとう」と一言だけ
それが僕に贈る
最後のプレゼントとだと知った。

もう、愛くるしいあの彼女はいない
もっと、もっと、キミに
「好き」と伝えられなかったのが
後悔でしかない

だけど、全部、全部
キミの事は、僕の「心の中で生きている」
変わらず今も、この先も

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 贈り物 第1章 贈り物

    第1章 贈り物

    2021年3月27日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する