完結

傘なる心

恋愛

更新日:2021年3月28日

傘なる心

第1章

目覚ましのアラームで目を覚ますと、スマホに手を伸ばした。
天気予報のアプリを見る
ワタシの日課だ。

「雨、だよねー」

昨晩から降ってた
昨日のテレビでも言ってた
何より、さっきから激しく窓を打ちつける音。

でも、「雨、だよねー」って口からこぼれたのは、今日くらい雨じゃなくてもいいのにって思ったからだ。



「デートの日くらい雨じゃなくてもいいのに」



雨でも楽しめるデートはあると思う
でも
雨じゃないほうが楽しめるよね

今日は新しいクツにしたかったんだ
でも
今日は新しい傘にしよう


新しい傘は少し大きめなんだよ
2人入れるくらい

雨で濡れないように、
いつもより近い距離になれるかな。

ひとつの傘で、心も重ねたい、な。




もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年3月28日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する