完結

アノトキノ言葉〜信じていたいから〜

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年3月28日

アノトキノ言葉〜信じていたいから〜

第1章 アノトキノの言葉〜信じていたいから〜

アノトキノ言葉
忘れないよ
絶対

忘れないよ
アノトキノ一言

その一言で
何度救われたか

それは・・・。

「泣いてもいいよ 。」
ただ、その一言だけ

私が、あなたに
言えるのは
「ありがとう」

感謝しているよ。

その言葉が
生きてきた中で

一番、言って
もらいたい

「言葉だったから」

もくじ (1章)

  • 第1章 アノトキノの言葉〜信じていたいから〜 第1章 アノトキノの言葉〜信じていたいから〜

    第1章 アノトキノの言葉〜信じていたいから〜

    2021年3月28日

作品情報

私は、昔から「生きていることに実感」なんて
持てないでいました。今は、大分音楽に救われ、生きていていんだと思えています。
私が、「生きていることに実感」出来るのは
小説や詩を書いている時だけです。
この詩は、大学時代に友達に相談した時に
書いた詩です。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する