ハリセン兄さん

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年3月29日

ハリセン兄さん

第1章

 スポットライトの舞台の上
 二人の声が響きます
 私は十九で 初舞台
 相手の あなたは大師匠
 しゃべくりだったら この人と
 有名なのです 今だって

 だけど あなたは 押し弱く
 『ヘタレのハリセン』と 有名で
 かつての相方に 見捨てられ
 むこうは とっくに 全国区
 私は もともと 他所の者
 『ヨゴレのヨーコ』の イヤな過去
 マイク片手の スナック巡り
 二人は営業 場末の酒場 
 あなたは私の前座で司会
 寂しい心が触れ合った
 運命的な 夜でした

 あなた 私は大丈夫
 すこし ビックリしたけれど
 なんだか馴染んできたみたい
 あなた 得意のノリツッコミ
 からだの奥まで響きます
 あなたの ツッコミ 受けながら
 私は 声を張り上げます
 うるさすぎるっていわれても
 自然に声がうわずりま…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年3月29日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

2

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する