滄溟のイサナ

SF・ファンタジー

更新日:2021年11月4日

滄溟のイサナ

第1章 概要

★舞台は大洪水の後の大混乱から、
 ようやく立ち上がろうとする、一つの世界のはじまりの時代。
 「弥生時代」「記紀神話」っぽい世界だが、架空の時代 「野生(やよい)」時代。
 「日本の古代史」や「日本の建国神話」を描くのではない。
 むしろ、それによって永遠に失われてしまったかもしれない、もう一つの自由で奔放な、架空の世界。

★透き通った空気と、降り注ぐ太陽、青くきらめく大海原……。
 神々と人間、大自然の動植物と人間が隔たりなく、和気あいあいと暮らしていた頃。
 世界自体が若く瑞々しい生命力にあふれた時代。
 そういった「あったかもしれない」神話的世界を舞台に、宮﨑駿氏が「引退撤回して、これアニメ化したい!」と思うような…

もくじ (1章)

  • 第1章 概要 第1章 概要

    第1章 概要

    2021年11月4日

作品情報

モンゴロイドの血が騒ぐ!  痛快、野生(やよい)時代活劇!
 海も空もどこまでも青く青く青く、
 天と地、海と陸、そして神と人と獣の境目も
 まだ固まりきっていなかった野生(やよい)時代。
 少年が大地を、海を駆けまわり、
 天地を揺るがす大暴れしても
 怒られなかった、古きよき時代。
 「おれは鯨から生まれた!」と言い張る元気な少年イサナが、
 悪神退治を家業にする個性的な3姉妹(年齢は高2、中2、小2)とともに、
 ただただ、不思議な矛(ほこ)を振り回しながら、
 青い空と青い海とをかけめぐり、
 悪い神々や、悪い人間どもをボッコボコにしていく、
 そんなスカッと青い青い物語です。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

12分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する