温もりのない恋

恋愛

更新日:2021年4月10日

温もりのない恋

第1章 FW-Z9

ひんやりと冷たい部屋。
窓の外は銀世界。

『……。』
『…エフ…大丈夫か?』
『…で…心臓部に……ダメージがいかなければ……平気だろう。』

雑音が耳に入り、僕の神経が起動した。

僕の視界は、何もない世界からゆっくりと移り変わった。視界の中心には白い服を着た人が2人いて僕を見ている。45度首を右に水平に回すとモニターが鮮やかに虹色を映し出している。今度は左へ。金属で出来た頑丈そうな扉が閉められている。頭を上に起こす。僕は、透明な箱の中にいる。行儀良く寝ていたようだ。頭を元の位置に戻し、再び頭を戻した時には誰もいなかった。だから薄暗く照らす電灯と目があった。

天井は細かいタイルの様な模様があり、その個数をいく…

もくじ (2章)

  • 第1章 FW-Z9 第1章 FW-Z9

    第1章 FW-Z9

    2021年4月1日

  • 第2章 彼女 第2章 彼女

    第2章 彼女

    2021年4月10日

作品情報

あなを好きになっては、いけない。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

6分

コメント

0

リアクション

0

関連作品

このページの内容について報告する