完結

世界が色付いて見えた

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2021年4月1日

世界が色付いて見えた

第1章

最近まで多忙故にモノガタリーさんのサイトから離れていたのですが、戻ってまいりました...(笑)

リハビリとして言葉を「並べる」ことから始めようと、筆(キーボード)を執りました。

こんな未熟者の独り言で良ければ是非読んでいって下さい。

そもそも、何故私が「朝起きたら空が見たことない色だった」のお題で書こうと思ったのか。



私は小さい頃から光の刺激に弱く、眩しい物が苦手でした。

車のヘッドライトや教室の蛍光灯は天敵でしたね(笑)


それでも始めの方はただ苦手というだけで、日常生活に何ら支障は無かったのですが

年齢が上がるごとにどんどん光の刺激に弱くなっていきました。


皆さんも経験したことがあるでしょうか?

眩しい…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年4月1日

作品情報

このお題を見た時に「久しぶりに書こうかな」と思いました。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

0

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する