完結

凡愚

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年4月1日

R-15

凡愚

第1章

 部屋に足を踏み入れた瞬間、青臭くて甘ったるい匂いが仄かに鼻をかすめた。前にも一度ここで嗅いだ覚えのある匂いだった。
 ソファーの上に寝転んでいる草太の目が逆さに俺を捉え、いらっしゃいと間の抜けた声で言った。いが栗頭を撫でつけながらくたくたによれたスウェットを着て気怠そうに体を起こすその姿を見ると、なんだかこっちまで生気が吸い取られていくような気がした。
 
「俺さ、奥渋にあるセブンっていうバーで働き始めてん。今度仕事帰りにでも遊びにきてや」
「え、あの居酒屋は? 辞めたの?」
「うん。やっぱ俺は一つの場所に長く腰を据えられへんみたいやわ。それに、新しい店長が売上のことしか頭にない独裁者やってん」
 
 ま…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年4月1日

作品情報

傲慢、嫉妬、憤怒、怠惰、強欲、暴食、色欲

物語へのリアクション

お気に入り

5

読書時間

15分

コメント

14

リアクション

59

関連作品

このページの内容について報告する