完結

待ち合わせの時間

恋愛

更新日:2021年4月1日

待ち合わせの時間

第1章


 流石に彼女もしびれをきらしたかも。そう思った頃には手遅れだった。
 デートの最中、僕は彼女と喧嘩をしていた。
「そういうところ、いつまで経っても治らないよね。」
「ごめんって。ちゃんと気を付けるから」
「そう言って何年も治ってないじゃん。」
 正論だった。彼女の言うそういうところと言うのは、僕の悪い癖のことだった。僕は毎回のように待ち合わせに遅刻していた。5分程度、電車1本分とかなら仕方ないとして、30分以上の遅刻や、短針が1周するくらいの時もあった。
「予約してたプラネタリウムの上映間に合わなかったじゃん」
 楽しみにしてたのに。と続けてぽつりと呟いた彼女に本当に申し訳なく感じた。
 彼女はどうやら待ち合わせより…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年4月1日

作品情報

そもそも本当の話ではないので、虚構作品なのですが、作中にウソは一つだけです。作り終わった段階で気づきました。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する