完結

―卒業後夜― スーパードライな愛情

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年4月7日

―卒業後夜― スーパードライな愛情

第1章 スーパードライな愛情


はち切れんばかりの開放感と仲間との笑い声、
テーブルの上に乱雑にならんだ、「スーパードライ」のロング缶の数々。
そして、そのなかに紛れ込むモンスターなエナジー。
カオスでカラフルなテーブルの記憶と共に、不規則なサイレンの音。

覚えているのはここまでだった、、、、、

ピコン、ピコン―――
規則的な機械音がうるさいなぁ、、、そんなことを思って目が醒めた。

「君、起きたんだ。自分の体よく見てみ。」

ドスの効いた声とは裏腹に、豊満なバストを持ち合わせた白衣の天使?が上から覗き込んでいた。

「ん、、、。それは、どういうことですか?」
状況がつかめず聞き返してしまった。

「はぁ、なんも覚えてへんのな。君、生死の境目やったんや…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 スーパードライな愛情 第1章 スーパードライな愛情

    第1章 スーパードライな愛情

    2021年4月7日

作品情報

救命のそんな日常

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

5分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する