完結

サラリーマンは忙しい

お仕事

更新日:2021年4月9日

サラリーマンは忙しい

第1章

「次の打ち合わせは?」
「はい、次のA社との打ち合わせですがA社エレベーター内でとのことです。」
「エレベーター内?どういうことだ?」
「移動の時間も打ち合わせに使いたいとのことだそうです。」
「なるほど、さすが合理性を重んじるA社だな。」

「着きました。既に相手方はエレベーターに入っているそうです。」
「わかった、このエレベーターだな。」
エレベーターが到着し、ゆっくりとドアが開いた。
中には、顔パックをした女性が立っていた。
「B社の○○様ですね。私は本日の打ち合わせを担当いたしますA社の△△です。」
そう言うとその女性は名刺を差し出した。
「お名刺頂戴いたします。それよりもなぜ顔パックをなさっているのですか…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年4月9日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

15

関連作品

このページの内容について報告する