シャボン玉がはじけるように

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年4月10日

シャボン玉がはじけるように

第1章

 辺り一面が夜にどっぷりと浸かっている。目の前には漆黒の闇がどこまでも果てしなく続いていて、そこを月明かりが微かに覗いている。
 そんな日にはいつも考えている。どうやって死のうって。
 目の前に置いてあるカッターに目が留まった。それを手に取って自分の手首に押し当てた。これで手首を切り落としてしまえば死ねるだろう。でも、これだと痛いし勇気がいる。
 わたしはカッターを置いた。


 シャボン玉がはじけるように死ねたらいいのに。それは一瞬で後に何も残らない。


 人間が死ぬと必ず何かが残る。死の方法の選択によって血がたくさん出たりだとか、体の形がおかしかったりとか。そして、死体だ。何も残らずにはじけて、消滅してしまえればい…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年4月10日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

12分

コメント

4

リアクション

22

関連作品

このページの内容について報告する