完結

朝の一服

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年4月14日

朝の一服

第1章

「朝の一服」
そう言って彼は、ベランダに出てタバコを一本吸った。
「朝の一服」
そう言って私は、リビングで淹れたてのコーヒーを飲んだ。

そんな日常の些細なところから私たちは違っていた。
そう思うと、2人が別れたのは自然なことだったのかもしれない。

今日も私はいつものように一杯のコーヒーを飲んでいる。
遮る影のなくなった窓からは、朝の暖かい光が差し込み、私を明るく照らしてくれた。

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年4月14日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

9

関連作品

このページの内容について報告する