悪者は身近に。

ミステリー

更新日:2021年4月15日

悪者は身近に。

第1章 一章 最悪な出会い

結末はもう決まっている。
後は、その結末に向かって走るだけ。
だから俺が、あそこで本を拾わなかったら
テレビの番組を見ていなかったら
夢なんか見なかったら
俺にはもっといい未来があった。
どこで間違えた?どこで後悔を生み出してしまった?
いつ最悪な出会いを果たした?

時は大学3年生の夏。
占川「ねぇこのブルーローズっていうバンドの曲めっちゃ流行ってるよね!」
幸田「わかる!映画の主題歌にもなってるやつ」
松原「この曲まじ共感出来る所沢山あって、
なんて言うんだろう、、入り込みやすいって感じ」
「放課後カラオケでみんなで歌おうぜ!」
「いいね!」
「塩田もいくよね!?」
断る理由などない
なぜなら彼らは中学からの知り合いだ。

もくじ (4章)

修正履歴
  • 第1章 一章
最悪な出会い 第1章 一章
最悪な出会い

    第1章 一章 最悪な出会い

    2021年4月15日

  • 第2章 二章
ラビリンス 第2章 二章
ラビリンス

    第2章 二章 ラビリンス

    2021年4月15日

  • 第3章 三章
羽の取れた蝶 第3章 三章
羽の取れた蝶

    第3章 三章 羽の取れた蝶

    2021年4月15日

  • 第4章 四章
謎の記者 第4章 四章
謎の記者

    第4章 四章 謎の記者

    2021年4月15日

作品情報

小説家を夢見る「塩田裕翔」は、ある日1人の女性と恋に落ちる。順風満帆を夢見るが、この女性との出会いが彼の人生を大きく変える。
彼女の存在は彼にとって疫病神なのか、それか愛する天使なのか。後は決まっている結末に向かうだけ。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

じっくり

コメント

0

リアクション

18

関連作品

このページの内容について報告する