完結

袖触れる

恋愛

更新日:2021年4月15日

袖触れる

第1章


『袖振り合うも多生の縁』

道を行く人と袖が触れ合う程度のことも、前世からの因縁があってのこと。



駅でたまたますれ違っただけの人。

電車で隣に座った人。

いつも同じ時間に同じテーブルにいるお客さん。

小説投稿サイトで気になった作家さん。

毎朝、コンビニに入る時間に、ちょうど出てくる人。

ふと窓の向こうに聞こえた誰かの笑い声。

会社に出入りしている、運送会社の爽やかお兄さん。



仮にその人に恋をしたとしよう。

ボクは(キミは)、その人に声をかけることができる。

声をかけたところで、何も始まらないかもしれない。

でも、声をかけないと、何も始まらない。



例えば、キミが、

歴史上の人物、例えば新選組のあの人に恋をしているとして…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年4月15日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

2

リアクション

7

関連作品

このページの内容について報告する