完結

心酔

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年4月17日

心酔

第1章

 私はボスのことを、言うなれば心酔している。
 ボスの意見は私にとって絶対であり、ボス以外の言葉なんてありえない。
 今日も私はボスにコーヒーを、いや最高の一杯を淹れる。
 苦みの中にも酸味のある、まるでボスのような一杯。
 冷酷な中にも遊び心のある、そのような味。
 ボスがこの最高の一杯を召し上がり、安らいで頂ければ、天にも昇るような心地だ。
 そんなある日、ボスから突然こんなことを言われた。
「雫よ、オマエはもうこの組織を辞めろ」
 急なことで目を丸くして、その場にコーヒーカップを落としてしまった私。
 コーヒーカップと私の心臓は割れてしまった。
 どうしてですか、何でですか、何が悪かったんですか、いろんな言葉が浮かぶけども、…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年4月17日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

6

関連作品

このページの内容について報告する