完結

夏の夜の親子

ホラー・サスペンス

更新日:2021年4月18日

夏の夜の親子

第1章

中学生の夏休み。

祖父母の家に泊まり、普通の夏休みをおう歌していた。

「あー自販機で、飲み物買ってくるわーこづかい頂戴。」

と、祖父母に小銭をもらい、自転車で5分ほどの商店に走る。

祖父母の家は住宅街にあるけど、田舎で夜になるとポツポツとある街灯以外は光が無い。

おかげで星は綺麗だ。

時間は22時を過ぎた頃だったか。

もう通り慣れた道。
広くはない道だが、交通量もほとんどない。
夜になればなおさらだ。

街頭のある、T字路に差し掛かる。
祖父母の家から2分くらいのところだ。

T字路の横と手前は民家、奥の区画はブロック塀に囲まれている結構大きいお寺だ。
このお寺には入ったことが無い。

と、進行方向からヘッドライトの光が…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年4月18日

作品情報

中学生の夏の夜、そこには確かに居た。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する