完結

ターニングコーヒー

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年5月6日

ターニングコーヒー

第1章

私が大学に到着する頃、日はとっぷりと暮れていた。キャンパス内はむせ返るような空気が充満していて、リクルートスーツとの相性は最悪だった。ゼミを終えたであろう学生の集団が私の横を通り過ぎて、意気揚々と駅の方へと向かっていく。これから飲み屋で打ち上げでもするのだろう。腕時計に目をやると、時刻は丁度20時を示していた。図書館は既に閉まっている。私はしばらく悩んだ後、演劇部の部室へと向かった。

キャンパスの奥の区画を抜けて、さらに奥の号館へと入る。すぐそばにあるエレベーターを通じて地下二階へと降りると、ひたすらに真っ暗な廊下が現れる。歩き慣れたそこをまっすぐに進むと、演劇部の部室が見えてきた。誰か部屋に…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年5月6日

作品情報

タイトルを思いついた瞬間、「我ながら良いタイトルだな!」と思いました。でも文字に起こした瞬間、「夜が舞台なのに、語感が『モーニングコーヒー』と被ってんなあ…」って思いました。そういう微妙な感じも、人生とか現実って感じがしますよね。ターニングコーヒー・リアルテイスト。ちなみに私はブラック派です。

物語へのリアクション

お気に入り

5

読書時間

10分

コメント

16

リアクション

79

関連作品

このページの内容について報告する