完結

いたずら春風

その他

更新日:2021年4月22日

いたずら春風

第1章

桜色の春から山吹色の春へ

今日は初夏の陽気

空高く伸びた竹藪は さささ さささと 風に音を乗せている

サイクリングの先に 新緑の紅葉に淡いピンクのヘリコプター
いまか いまかと 舞い落ちる季節をじっと待っています

数週間前は “ケキョ ケキョ”と鳴く練習中の鶯も “ホーホケキョ”と美しい声を響かせている

緑と光のトンネルを歩いていると アゲハ蝶たちが 一緒にお散歩しようと ひらひら ひらひら 舞っている

日向と木陰の間のテーブルとイスに座っての読書

しばらくすると 春風たちが ページをめくり 飲みかけの缶コーヒーにいたずら

私の手は 缶をキャッチした

今日はまだまだ初夏ではなく 春を感じる風

春の風に 体力を奪われて帰宅した

TVから四季の春…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年4月22日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する