完結

ミント色の声

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年4月25日

ミント色の声

第1章 #3f0011

混ざり切らなかった砂糖を残したコーヒーの最後の一口の甘さのように、6月の雨続きの空気は重く気怠い。
「後味ねぇ……」
誰に聞かせるつもりもなく、澱んだ声を溜息に乗せる。さして休まらない小休止、雨宿りついでのコーヒーブレイクなんて往々にしてそんなものだ。そんな重苦しい季節の重苦しい倦怠感はあの出会いで晴れていった。

その日はこの季節には珍しく、天気予報が橙色の晴れマークを示し、一日傘は要らないかもなんてキャスターも明るい声で言っていた。実際、その日は昼間もずっと晴れで、肌を撫でる空気の湿っぽさが少し残る以外は、季節を錯覚しそうなほどに清々しい日だった。久しぶりの晴天に柄にもなく足取りを弾ませ、楽しく…

もくじ (2章)

  • 第1章 #3f0011 第1章 #3f0011

    第1章 #3f0011

    2021年4月25日

  • 第2章 #c0ffee 第2章 #c0ffee

    第2章 #c0ffee

    2021年4月25日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

7分

コメント

8

リアクション

23
  • 挿絵
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する