完結

箱庭

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年5月4日

箱庭

第1章

棺の形をした箱庭
詩書きとして生きた一年の命は
殺されるべきである気がして
いつもその「気がする」に首を絞められるぼくは
小さな楽園に閉じ込められて
このまま涙漬けの骨になって
永遠の一瞬を手に入れたって構わないと
そう思ってしまうのだけれど
膨張する宇宙を渡るには
この箱舟は小さくて
美しすぎるから
己の手で破壊し燃やすしかないんだ
そしてそれは不可能であって
煙草の匂いに混ざって届いてくる
現実の唸り声を恐れるぼくは
逃避行を延期にする
この庭はぼくが敗北者としてここで眠る限り
美しく生き続ける芥のまま
訪れる獣をもてなすだろう

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年5月4日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する