完結

香りの調べ

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年5月5日

香りの調べ

第1章

静かに指をひらいて
鍵盤に触れる
香りの調べに包まれながら

誰も知り合いのいない、海辺の小さなこの町に引っ越して来て、最初に入ったのがアオイさんのカフェだった。
ひとりぼっちの私は、カウンターに座ってブレンドコーヒーを頼んだ。木製の古い柱時計が、控えめに振り子を揺らせながら新しい時を刻んでいた。

「柱時計ってメトロノームみたい」
誰にともなく呟いた私の言葉に、カウンターの向こうでカフェの女性が反応した。
「あら、あなた音大生?」
私はちょっとドキドキしながら答える。
「そうですピアノ科の一年です。何でわかるんですか?」
「この辺多いのよ、学生さんの一人暮らし。音大と美大が近いでしょ。で、あなたはメトロノームだか…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年5月5日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する