完結

Tear Drip

第1章 決壊




 「ブラックで飲めないなんて、お子様だねぇ」

 とちおとめのタルトに彩られて、柔らかく酸味を纏った時間が流れる。
 悪戯っぽく笑う彼女は魅力的だった。



 インスタントが飲めないなんて、あるいは口実だったのかもしれない。落としたコーヒーに拘りを見せた彼女は、ドライブがてらにカフェを巡るのが好きだった。
 北関東で徳川の由緒を色濃く残した地方都市では、古き良き時代を懐かしむように古民家カフェなんてものが賑わいを見せていた。デートの行き先に事欠くこともなく二年が経ち、籍を入れてから更に四年。平坦ではなかったけれど、概ね順調だと思っていた僕たちの暮らし。

 だけど、堤防は唐突に決壊する。





 その日、仕事を終えて…

もくじ (5章)

  • 第1章 決壊 第1章 決壊

    第1章 決壊

    2021年5月5日

  • 第2章 寸断 第2章 寸断

    第2章 寸断

    2021年5月5日

  • 第3章 飽和 第3章 飽和

    第3章 飽和

    2021年5月5日

  • 第4章 臨界 第4章 臨界

    第4章 臨界

    2021年5月5日

  • 第5章 白月 第5章 白月

    第5章 白月

    2021年5月5日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

6分

コメント

33

リアクション

278

関連作品

このページの内容について報告する