完結

ありのまま No16ピーマン太

子供向け・児童文学

更新日:2021年5月16日

ありのまま No16ピーマン太

第1章 (1)

 ぼくはピーマンが大っきらい。
 なんで、あんなものへいきでたべられるんだろう?
 
 にがくて、へんなあじがする。きっと、ピーマンはへんなえきたいをからだの中にもっていて、それをたべられようとすると、それをだしてくるんだとおもう。そのぐらいまずい。
 このあいだ、テレビでみていたら、てんとうむしがたべられようとするとまずいえきたいをだすってやっていた。きっと、それとおなじだとおもう。ピーマンはたべられたくないにちがいない。
 だから、ぼくはピーマンのためにもたべないことにしてあげよう。てんとうむしをたべたとりは、まずいから、あのもようをみるとにどとたべないらしいけど、ぼくも、あのみどりをみると、もうにどとたべな…

もくじ (6章)

  • 第1章 (1) 第1章 (1)

    第1章 (1)

    2021年5月15日

  • 第2章 (2) 第2章 (2)

    第2章 (2)

    2021年5月15日

  • 第3章 (3) 第3章 (3)

    第3章 (3)

    2021年5月15日

  • 第4章 (4) 第4章 (4)

    第4章 (4)

    2021年5月15日

  • 第5章 (5) 第5章 (5)

    第5章 (5)

    2021年5月16日

  • 第6章 (6) 第6章 (6)

    第6章 (6)

    2021年5月16日

作品情報

ピーマンがきらいなぼくの前にあらわれたピーマン太のお話。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

16分

コメント

4

リアクション

40

関連作品

このページの内容について報告する