完結

杉並つくしは半額ケーキハンターである。

更新日:2018年12月26日

杉並つくしは半額ケーキハンターである。

第1章

 12月26日。世間ではクリスマスも越えたその日になって、彼女のクリスマスが始まる。

 ──やはり、この日は特別なものですか。

 齢にして16。年頃の女性には珍しい、洒落っ気のない黒いコートを着込んだ少女は頷いた。

「ええ、まぁ……そうですね。毎年のことではありますが、期待と不安が、どんな時よりも高まる日ですね」

 準備を整えながら、そう語る彼女は真剣な表情だ。
 半額クリスマスケーキハンター、杉並つくしの朝は早い。

 半額クリスマスケーキ、ケーキ屋、スーパーやコンビニ、あるいはパン屋などで、クリスマスケーキが大量に製造、発注され、その売れ残ったケーキは、翌日には価値が暴落する。
 それにより「廃棄になるよりはマシ」…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年12月26日

作品情報

12月26日こそがクリスマスの本番である。
半額クリスマスケーキハンター、杉並つくしはそう語る。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

6分

コメント

3

リアクション

7

関連作品

このページの内容について報告する