完結

遭遇

SF・ファンタジー

更新日:2021年5月19日

遭遇

第1章 奇妙な体験は

「1~10まで数えてください」
オレは言われるままに数字を数えたが3秒くらいのところで意識を失った。
それが全身麻酔を受けた記憶だが、親に聞いても、オレがそんな全身麻酔をするほどの手術は一度も受けてないということらしい。
大学時代には、友達5人で毎年長野県にあるロッジにスノーボードをしに行った。
夜になったら、みんなで雪見酒をする。
雪も綺麗だが都会と違って星空も美しかった。

よく見るとやたらと動く星があった。
5人はずっと空を眺めていた。
動く星の数はだんだんと増え、最終的に5つの星が集まってゆらゆらと動いていた。

気が付いたら部屋に入っていて、朝、布団の中で目が覚めた。
いつの間に寝たんだろう、昨日のあれは…

もくじ (1章)

  • 第1章 奇妙な体験は 第1章 奇妙な体験は

    第1章 奇妙な体験は

    2021年5月19日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

0

リアクション

8

関連作品

このページの内容について報告する