完結

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年5月24日

第1章

君が光なら僕は影だ。

君の台詞合わせに僕は付き合う

劇団の中で僕はちょい役

君はスポットライトを浴びる

僕はその景色が好きでたまらない

だから今日も僕は君との台詞合わせをする

別に退屈じゃないし、むしろ楽しんでるくらい

君の台詞まで覚えちゃうくらいに熱が入る

それ私の台詞だから良いんだよという君だけど

僕は君が話すその台詞までもが好きなんだ

それが優しく甘い君のメロディで
世界に歌われる瞬間がたまらない

ある日、僕は光になった

君の喉に影がさして、僕は光になった

まばゆいスポットライトの中で

本来君が歌うメロディが
僕の声で世界に響いた

君は喜んでくれた声にもならない声で。

今、僕はまた影に戻っている。

世界には君の優し…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年5月24日

作品情報

光と影。互いを想う。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する